2011花粉症情報のTOPに戻る
「2011花粉症情報」トップ >  花粉症治療 > 花粉症のレーザー治療

花粉症のレーザー治療

2011年は多くのスギ花粉が飛散すると予想されています。
場所によって飛散量は異なりますが、情報によると今年の花粉量は各地とも平均2〜3倍と言われています。

花粉症は早い段階で花粉症の対策しておくことで花粉症の症状を軽くすることが出来ると言われていますから、2011年になる前から治療を始めている方も少なくありません。

花粉症では、早期治療としてレーザー治療が有効とされます。特に、鼻づまりのひどい症状場合には大きな効果が期待できます。

花粉症で行われるレーザー治療は、鼻の粘膜を一部除去する方法、鼻の粘膜にレーザーを照射して、アレルギーを起こす場を減らす方法があります。

鼻の中にレーザーを照射すると聞くと、痛いのではないかと不安に思うかもしれません。

レーザー治療の時間はだいたい5分から10分程度で済むそうです。
レーザー治療で痛みは感じず、また出血もなく、入院も不要です。

治療後は、鼻にかさぶたができた状態になって、鼻がつまった感じはあるようです。
そのかさぶたも2週間ほどで取れ、鼻の中は刺激に強い粘膜が形成されています。

花粉情報サイトでは、レーザー治療の体験談を見ることがありますが、薬を使わずに花粉症対策が出来るなどと、口コミでも好評のようです。

レーザー治療は花粉が飛び始める前に受けておく方が良く、発症してしまうと治療が受けられない場合もあります。

ただ、レーザー治療は症状を軽くするための治療法で、レーザー治療による効果が恒久というわけではありません。

個人差もあるのですが、効果の持続は1年から3年と言われ、そのあとは効果が薄れますから、また、レーザー治療を受け直すことになります。

2011年を花粉症の辛さから逃れて快適に過ごすには、レーザー治療は推奨できる治療方法です。

医師に相談して、花粉症の早期対策をしてみてはどうでしょう。
関連コンテンツ

花粉症と坑ヒスタミン薬

2011年にはこれまでは花粉症に罹らなかった方にも花粉症を発症する割合が高いといわれています。 花粉症に悩まされている人に拘わらず、花粉情報をしっかりチェックして対策をする必要があります。 花・・・

花粉症の早期治療

2011年の花粉シーズンの到来ですが、今年は多量の花粉の飛散が予想されているだけに、毎年、花粉に悩まされている方には早期治療をお勧めです。 花粉症の早めの治療は初期治療と呼ばれ、アレルギー反応を・・・