2011花粉症情報のTOPに戻る
「2011花粉症情報」トップ >  花粉症治療 > 花粉症の早期治療

花粉症の早期治療

2011年の花粉シーズンの到来ですが、今年は多量の花粉の飛散が予想されているだけに、毎年、花粉に悩まされている方には早期治療をお勧めです。

花粉症の早めの治療は初期治療と呼ばれ、アレルギー反応を抑え、花粉シーズン中に感じる不快な症状を軽減する効果があるとされています。

そして、初期治療はメリットが高いといわれることからも、毎年症状が重い方や出来るだけ発症を抑えたい方には花粉症対策には欠かせない予防法でしょう。

花粉症の初期治療の治療方法の内容は投薬治療やレーザー治療が中心です。
投薬治療では抗アレルギー薬を花粉が飛散する前から花粉シーズン中に服用し、花粉症を予防したり、症状を軽減します。

花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きづらくなります。症状が軽いうちに薬を使い始めることが大切で、花粉の飛散量が多くなっても症状をコントロールしやすく、症状を軽くすることができます。

レーザー治療とは、鼻の中にレーザーを照射して粘膜を焼き、花粉が付着してもアレルギー反応を起こさないようにする方法です。

レーザー治療は健康保険が適用されますから、2011年には注目される治療法になるでしょう。

また、花粉治療に関する情報でアピールされるのが食事療法です。
花粉症は、体内に異物(花粉)が侵入した際の、排出反応が過剰に働くためにおこるアレルギー症状です。

花粉症は自然に治ることがないので、食事療法で根気強く体質改善に取り組み、花粉症の症状を和らげる効果を図ります。

高たんぱく・高カロリーの食事はアレルギー体質になりやすいといわれています。

栄養バランスの良い食事をしっかり摂ることは健康維持の基本です。

花粉症対策の初期治療として食事に気を配ることは大切です。
花粉症に良い食品をシーズン前に摂取すると症状も軽くなるとされます。

また自律神経のバランスが悪いと花粉症が悪化するといわれているので、普段から軽い運動を行い、ストレスをためないように心がけ、アレルギーの起こりにくい体質に変えることも花粉症対策です。

初期治療には様々な方法がありますから、2011年の花粉シーズンは早期治療を行って症状を軽くして、乗り切りたいものです。
関連コンテンツ

花粉症のレーザー治療

2011年は多くのスギ花粉が飛散すると予想されています。 場所によって飛散量は異なりますが、情報によると今年の花粉量は各地とも平均2〜3倍と言われています。 花粉症は早い段階で花粉症の対策して・・・

花粉症と坑ヒスタミン薬

2011年にはこれまでは花粉症に罹らなかった方にも花粉症を発症する割合が高いといわれています。 花粉症に悩まされている人に拘わらず、花粉情報をしっかりチェックして対策をする必要があります。 花・・・