2011花粉症情報のTOPに戻る
「2011花粉症情報」トップ >  花粉症対策 > 花粉症に効くべにふうき茶

花粉症に効くべにふうき茶

2011年の花粉症対策で特に注目されているべにふうき茶は、緑茶の一種です。
花粉症に効果があるお茶として雑誌やテレビ番組で紹介され人気が高まっています。

べにふうき茶は日本のべにほまれと中国系のダージリンを交配して作られた紅茶用の品種です。
最近の研究で緑茶として製造することでメチル化カテキンとストリクチニンという成分が含まれることがわかり、その機能が注目されています。

メチル化カテキンはアレルギーの初期の反応を抑制してくれる成分で、ヒスタミンが分泌されるのを抑制することで、花粉症の症状を起こしにくくします。
ストリクチニンは抗アレルギー成分で、花粉症やアトピーなどのいわゆる「アレルギー症状」に対する改善効果をもっています。

メチル化カテキンは普通の緑茶には含まれていなくて、べにふうき緑茶に含まれています。
べにふうき緑茶は紅茶品種ですが、発酵させない緑茶として加工仕上げされています。

べにふうき緑茶は人気が高く、2011年に入って花粉情報が聞かれるようになるや品薄状態になっているようです。

「べにふうき」という品種はもともとは紅茶の茶葉なのですが、とても発育が遅くて育てる手間暇が普通の茶葉以上に掛ります。そのため、栽培している農園が非常に少なくて、全国で発売できるだけの量を確保できないということのようです。

花粉の飛散が本格化する春を迎えて、目のかゆみや鼻づまりなどに悩まされる症状の人には、べにふうき茶を飲んですっきりさせてみてはいかがでしょう。
関連コンテンツ

花粉症対策に人気の甜茶は

花粉症に有効なお茶としてマスコミでも話題になっている甜茶(てんちゃ)です。 2011年も、花粉症が気になる時期になって、花粉症の症状緩和に良いとして関心が高くなっています。 しかし、実際には甜・・・

花粉症のメカニズム

昨夏の猛暑で2011年は多量の花粉が飛散するといわれています。 そのため、花粉症状を抑えるためのセルフケアが必要になってきます。 花粉症対策として花粉を身体に取り込まないよう、マスクやメガネな・・・