2011花粉症情報のTOPに戻る

花粉症の症状

2011年は昨夏の猛暑で、ここ数年の間で最も花粉が飛ぶ年だと言われています。
今まで花粉症に罹らなかった人も、花粉症が発症する可能性があるとされていますので、花粉情報をチエックし、予防と対策をしっかりと行うことが大事です。

花粉症の症状は患者によってことなりますが、

主な症状も鼻では「くしゃみの連発、鼻水が止まらない、夜に眠れないほどの鼻詰まり」です。

目では「目のかゆみ、涙が止まらない、眼が充血する」です。

その他では「ボーっとして思考力がない、頭痛がする、発熱する」です。
また、花粉が飛散し始めると身体のあちこちが不調になることもあります。

花粉症には風邪やインフルエンザに似た症状が起こることもありますが、それぞれの症状には違いがあります。
くしゃみや鼻水、せきが出ても、風邪のように喉の痛みは少ない 。
花粉症は微熱はあっても、インフルエンザのように高熱は出ない。
頭痛はあっても、関節痛はインフルエンザほどでない。

しかし、実際には風邪か、花粉症かの判断がつきにくいこともあります。
くしゃみが何回も連続して出る場合、風邪がいつまでも治らないという時は、もしかすると花粉症に罹っているかもしれません。

先ずは医師の診断を受け、自己判断はしないようにするといいですね。
今年2011年は花粉症の患者が増えるようですから、花粉症状に気付いたらすぐに治療を受けると考えておいた方が良いようです。

花粉症の症状で、発症後に気管支喘息や喘息の発作が起きる方がいるとも言われています。また、目や鼻などには症状は出ず、胃腸のトラブルを起こしてしまう方もいます。

花粉症の症状で気になる時には、アレルギー検査を受けることも必要です。

2011年の花粉シーズンを迎えて花粉情報をのチェックを怠らず、体調の変化や、感情の不安定がなかなか治まらないなど普段と違う状況には気をつけてください。
関連コンテンツ

花粉情報の利用

花粉情報を提供しているメディアが増えていますので、花粉情報をキャッチすれば、不快な期間を少しでも凌ぐことが出来ます。 いままで、花粉シーズンに利用できるメディアは天気予報やインターネットでの花粉・・・

2011年花粉情報をチェック

2011年は、2010年夏の猛暑が原因でスギ花粉が例年よりも多く飛散すると予想され、花粉量は昨年の2010年に比べて最大10倍に及ぶそうです。 そして、2011年の花粉の量は、過去非常に多かった・・・

2011年、予想される花粉飛散時期

2011年は非常にスギ花粉が多く飛散すると考えられています。 今年の花粉の飛散は、2月中旬前後から始まると言われていましたから、3月中旬のこの時期には花粉の飛散が本格的になっています。 花粉は・・・


「花粉症の症状」のトップへ↑
「2011花粉症情報」のトップへ↑